ゆとろぐ。

旅行、カメラ、本、思ったことなど何でも。

餡子苦手だけど桜餅食べ比べして春を感じてみた。

 春だ! 桜だ! お花見だ! そしてお花見の主役といえば、団子だ!(違います)
 というわけで「花より団子」とはよく言ったもので、目で楽しむのも良いけれど、舌も楽しませたいのが人の性。今回は、桜を舌で楽しもうということで、百貨店にて入手した桜餅三種類を食べ比べしてみました。

 餡子が苦手なので、普段洋菓子しか食べないんですよね。でも、百貨店の和菓子コーナーで目にする上生菓子の、四季の彩り豊かな風貌に憧れたりもするわけです。ただその、餡子の塊はやっぱりちょっと辛いので、もちにくるまれている分私にとっては敷居の低い桜餅にチャレンジしてみることになった次第です。
 そういうわけで、食べ比べとは書きつつも、和菓子マイスターの私おすすめの桜餅三選☆ とかではなく、恐れ多くも和菓子初心者の私が少しばかり感想を書き留める、ぐらいの感じです。

 

たねやの桜餅を食べてみた。(216円)

f:id:fishstory_tb:20160324233326j:plain

 《見た目》たねやの桜餅はとりあえず可愛いです。可愛すぎてあざとい。葉から半分ほど桜色の餅が顔を出していて、桜の塩漬けもつやっと輝いてます。他店の桜餅と比べると、ほんの気持ちほど小ぶりで、それがまた可愛さに拍車をかけてます。そういうあざといの、嫌いじゃないです。

 《味》葉っぱに結構塩気がのってて美味しいです。かすかに桜っぽい香りがします。で、びっくりしたのが中の餡子が桜色! 中の餡がほんのり透けてのこの桜色みたいです。色合い的に白餡ベースだと思うのですが、餡子が苦手な私にとってはあっさりベースの白餡はポイント高いです。上にのってる桜の塩漬けは、ほのかな塩気の柔らかいお味でした。

 《たねやの公式HP》https://taneya.jp/home/

 

両口屋是清の桜餅(道明寺)を食べてみた。(324円)

f:id:fishstory_tb:20160324234743j:plain

 《見た目》あ、そうこれ。って感じの見た目してます。葉っぱがもちをしっかりくるんでくれているので、手掴みで食べられます。桜餅のもち素手で触ってしまうと結構べたつくので、この仕様はありがたいです。もちは上品な桜色です。桜の塩漬けがどこに隠れているのか葉っぱ捲りたくなりますね。これぞチラリズム

 《味》一口かじるとふんわり桜の香味が染み渡ります。葉っぱからもちから全体的に桜の香りを吸い込んでいる感じがします。そして、餡子の中に桜の塩漬けがいた! 気がする!(普通に咀嚼して飲み込んだので確信がもてない)でもあの美味な塩気はきっと桜の塩漬けだったはず。香りも味もしつこくなくて上品で雅なオーラが出てました。

 蛇足ですが、両口屋是清の桜餅はつるりとしたういろうもちもあって、むしろそっちの方が歴史が古いらしいです。私はつぶっとしてる方が好きなので道明寺を買いました。

 《両口屋是清の公式HP》http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp

 

現吉兆庵の桜餅を食べてみた。(216円)

f:id:fishstory_tb:20160325000159j:plain

 《見た目》見てのとおりの美白です。葉っぱで隠しきれないむっちりボディがチャームポイント。葉っぱが覆っている面積がかなり狭いので、手でつまむともちがぺたっとくっつくと思います。楊子やフォーク用意して食べましょう。濃い目の色合いの桜の塩漬けがんかもう色々とそそります。

 《味》かなりもちに塩気がきいてます。他のと比べるとかなりです。対して餡子はどしんと甘いです。メリハリのある味付けです。頂点に鎮座する桜の塩漬けも、もちと同様いい感じに塩気がきいてます。私はコンビニで塩バニラ系スイーツ見かけたら即買いするぐらいの塩甘味好きなので、この適度なしょっぱさはとても気に入りました。

 《現吉兆庵の公式HP》https://www.kitchoan.co.jp/site/

 

三種類の桜餅の食べ比べを終えて。

 いやもう桜餅ファンになりました。美味しさもさることながら、どの桜餅も可憐すぎて、各店舗の桜餅を絶賛脳内擬人化しちゃいますよね。たねやのあざと可愛さ、両口屋是清の覗き込みたくなる上品な美しさ、現吉兆庵のむっちり美白ボディ。三者三様で非常によろしい。絵心があれば描いてた。それぐらい妄想がはかどります。

 さて、食べ比べたんだったらおすすめ順を発表しろ! って感じなんですけど、なんか意外と全部特徴が違いすぎて、一概にどれが一番って決められる感じでもなかったですね。
 最初の一口では、お上品な両口屋是清の桜の香味がいいなあ、と思ったんですが、食べ進めていくとあざと可愛いたねやの塩気と甘味のバランス取れてる味もいいし、そんなこんな食べてる間に甘味に飽きてくるので最終的にはむっちり現吉兆庵のもちの塩気がダントツで美味しく感じるようになってくるし。
 しいていうなら「友達に土産で持ってってわいわい食べるならたねや」「実家で家族とテレビ見ながらつまんで食べるなら現吉兆庵」「花見会場でお茶と一緒にまったり食べるなら両口屋是清」って感じですかね。
 というか、おすすめは、何種類か買って食べ比べすることです! 同じ桜餅でも結構味違うのを比較しながら食べるの楽しかったので、是非やってみて下さい。ただ、一気に食べると甘味に負けて辛いので、ゆーっくり食べるのを勧めます。

 

 後、和菓子にはお茶が必要ですね。ルピシア日本茶シリーズのティーバッグから一つ選んで飲みながら食べてました。
 洋菓子でも和菓子でも、甘くない飲み物の存在は本当に大切です。子供の頃は甘い飲み物×甘い食べ物もいけたんですが、成人して以降はなかなか厳しくなってきました。

 

 食べ比べしてみて思ったんですが、餡子苦手な人にとって、和菓子の中でも桜餅はかなり食べやすい部類にあたるんじゃないかなー、と。もちと葉っぱと桜の塩漬けが良い仕事してくれます。
 いつもは洋菓子ばっかり食べてるって人も、もうすぐ桜の一番綺麗な時期がやってくるので、花見しつつ桜餅、是非食べてみて下さい。
 目も舌も満足して、贅沢な気分になること間違いなし!

広告を非表示にする