読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとろぐ。

旅行、カメラ、本、思ったことなど何でも。

ただの日記を書きます。【家宝はテンピュール】

f:id:fishstory_tb:20160828231011j:plain

 昨今のブロガー界隈では「質の高い記事」という言葉がゲシュタルト崩壊を起こしています。というわけで、私はこの現状に立ち向かうべく、今日はいわゆる質の低い記事を書くことにします。
 質の低い記事の代名詞としてしばしば用いられる表現の一つ、「ただの日記」を書きます。というわけで、以下は私の今日一日を綴ったただの日記です。どうぞ。

 

私の一日。

 三連休の一日目でした。「なんて素晴らしい朝!」と爽やかに目覚めてカーテンを開いて差し込む太陽光に目を細めたいところでしたが、残念なことに今日は曇りでした。そして目覚めたのは昼でした。ついでに言うと二度寝もしました。

 私は休みの日は正午まで寝ていることが多いです。二度寝することも多いです。それには理由があります。テンピュールがふっかふかでたいへん気持ちがいいからです。
 もう一度言います。テンピュールがふっかふかでたいへん気持ちがいいからです。

 皆さんはテンピュールをご存知でしょうか。知らなければ是非覚えて下さい。至高のマットレスの製造メーカーの名前です。ちなみに綴りはTEMPERです。ひとたび寝転がれば、「ああ……人類の叡智はこんなものを生み出すまでに達していたのか……!」と誰もが感動にむせび泣くほどのマットレスです。そして誰もが泣き疲れて寝落ちするほどのマットレスです。
 テンピュールのマットレスは三種類の硬さと三種類の厚みから選べますが、私は最も柔らかく最も厚みのあるふっかふかなモデルを使っています。


 そのふかふかさたるや、まるで ト ト ロ の お な か のようです。

 わかりますか。となりのトトロです。ジブリです。宮崎駿監督のあれです。サツキとメイがトトロのおなかに「ばふうっ」とダイブするシーン。勢いよく飛び込んでいったサツキとメイの衝撃を完全に吸収し減速させ沈みこませていく、あの何とも言えない重みのある柔らかさ。
 あれが私が使っているテンピュールなのです。ちなみに公式サイトはこちらです。

 どっしりとした安定感とふんわりとした柔らかさが共存した至高のマットレスの上で寝るのです。目覚めるのです。そりゃ午後起きになるし二度寝もします。
 そんなわけで、今日はテンピュールの上で二度寝をするところから一日がスタートしました。

 いっぱい寝たのでおなかが空いて、朝ごはん兼昼ごはんをもりもり食べました。
 ごはんをもりもり食べたら眠くなったので、テンピュールで昼寝をしました。
 昼寝して起きたら夕方だったので、おやつと夕ご飯をもりもり食べました。
 おやつとごはんをもりもり食べたらだるくなったので、テンピュールで少し横になりました。

 そしたらこんな時間になってました。
 一日、終わった……?

※ 営業時代テンピュール好き過ぎてテンピュールの話ばっかしてたら「もう今の仕事辞めてテンピュールの営業した方がいいよ」と上司から同僚からお客様から誰もに言われた奴がただの日記を書くとこうなる。
※ ちなみに使ってるやつ25万ぐらいする。
※ 25万ぐらいするけど冗談抜きで寝心地良すぎて人生変わるのでおすすめ。

広告を非表示にする